ムダ毛の自己処理による肌トラブルについて

ムダ毛の自己処理によるトラブル

誰もが一度は経験しているムダ毛の自己処理。肌に悪いと分かっていても、その手軽さから日常的にしている方も多いはずです。改めて、自己処理によって起こりうる肌トラブルを見ていきましょう。かみそりや毛抜きは自己処理の定番ですが、これらを使用した際、よく起こるのが埋没毛です。これは皮膚の中で毛が成長してしまう症状で、原因としては自己処理時に皮膚が傷つき、できたかさぶたにより毛穴が塞がってしまうことが考えられます。

 

肌がぶつぶつとして、場合によっては炎症を起こし、酷い場合は毛嚢炎の恐れもあります。そして肌を傷つけることでヒリヒリと痛んだり、赤くなって炎症を起こしたり、出血する場合もあります。肌が荒れると水分が逃げてしまうので、乾燥が進みます。角質層が傷つくので肌を保護する機能が低下してしまうのです。さらに、このような炎症や刺激がメラニンを活性化さます。結果、色素沈着を招き、黒ずみやくすみの原因となるのです。

 

一度色素沈着を起こすと元に戻すことは容易ではありません。現在は家庭用脱毛器も種類が豊富になり、性能のいいものも販売されています。しかし、使用法を誤ると火傷しますので注意が必要です。

 

自己処理は安くて手軽ですが、このように肌トラブルが尽きません。痕が残ってしまう可能性もあります。何より、根本的なムダ毛の減少にはなりません。サロンで肌を傷めることなく脱毛して、自己処理から解放される方が、時間を有効に使えると思いませんか?

 

 

安心できる脱毛サロン誰もが安心して通えるサロンだよ♪

ミュゼプラチナム