脱毛するとファッションの幅が広がる

脱毛するとファッションの幅が広がる肌の露出が増える季節には、毎日出かける前にムダ毛がないかチェック、という人も多いのではないでしょうか?
半そでやノースリーブでは常に露出している腕や、最近のトレンド、ショートパンツやマイクロミニでは足が気になってしまう時もあります。また、ビキニスタイルの水着では、普段あまり処理をしないヘソまわりや背中も脱毛の対象になることがあります。

 

こういった時に、あわてて自己処理をしても、なかなかパーフェクトにはいかないものです。特に背中や太もものウラなどの部位は自分で処理することが難しいでしょう。即効性があるカミソリやシェーバーは一時的ですぐに体毛が生えてきてしまうため、重ねて何度も自己処理をすることで肌が荒れ、結果的に肌を外に出すことができなかった、という体験をした人も少なくありません。

 

脱毛技術の主流となっているレーザーや光の脱毛機器は、自己処理が不要と感じられるまでにはそれなりの期間やコストがかかります。しかしその一方で、ほぼ体毛を気にすることのないレベルで脱毛が完了できれば、いちいちチェックをせずにファッションが楽しめるメリットがあるでしょう。

 

また、体毛の量自体が少なくなることで、体毛がキャッチしてしまう塵や雑菌、毛穴に侵入してくる汚れの量も減少しますので、肌がトラブルを起こしにくくなる点も、ファッションを楽しめるひとつの理由になるようです。
脱毛後には、今まで「肌を見せたくないから・・・。」と避けていたファッションにもチャレンジするようになった、という声も多いようです。