脱毛サロンで行われる脱毛施術について

脱毛サロンで行われる脱毛施術というと、昔は電気脱毛が主流でした。電気脱毛とは、ひとつひとつの毛穴に針状のものを刺し、そこに電流を流して毛根を破壊して脱毛するという方法です。もちろん、今でもやっている脱毛サロンはあります。ただ、時間もかかる上に強い痛みもあるので、その痛みに耐えきれず途中で止めてしまう方もいました。

 

そして、今、脱毛サロンで主流となっているのが光脱毛です。これは黒いものにのみ反応する特殊な光を脱毛部位に照射するだけという方法で、黒い毛にのみ反応して毛根を刺激するというメカニズムになります。その光は肌を通過するので、肌に痛みを感じることはありませんし、悪影響も及ぼしません。そして短時間で施術が終わるので、電気脱毛にくらべると、楽な脱毛方法なのです。ただ、電気脱毛のように一度施術すれば完全に二度と毛が生えてこなくなるというものではありません。

 

光脱毛は一度の施術だけでは、完全に脱毛が完了せず、1〜2ヶ月おきに5〜8回ほど通わないといけません。そして完全に脱毛が完了しても、数年後、数十年後にはまた毛が生えてくることもあるのです。いろいろな脱毛エステサロンの脱毛方法をチェックしてみると、IPL脱毛、プラズマ脱毛、フラッシュ脱毛などいろいろなネーミングがありますが、機器や施術方法に若干の差はあるものの、基本的な原理としてはすべて同じ光脱毛となります。

 

とはいえ、脱毛エステのエステティシャンやスタッフの経験、知識などによっても効果が違ったり、トラブルが発生したりするので、自分でも脱毛エステの脱毛施術について正しい知識を身につけておきましょう。