脱毛サロンと医療脱毛の違いについて

脱毛サロンと医療脱毛の違いについて

医療機関でのレーザー脱毛は一つの波長の光を集めた光線を用い、毛根組織を破壊することで脱毛効果を得られるものです。認可されている出力の強い機械を使用するので、即効性があります。レーザー光線の照射時間は約100分の1秒単位のため、短時間で広範囲にできます。光脱毛よりは痛みを伴いますが、回数が少なくすみますし、医師による施術ですので安心です。しかし、保険が利くわけではなく、サロンよりも価格は高くなります。

 

一方、エステサロンでの脱毛は光脱毛が主流です。こちらは複数の波長を合わせた光を使用して、毛根組織にダメージを与えて脱毛効果を得るものです。レーザー脱毛より出力が弱いので、施術を継続することにより効果が得られます。照射の範囲が広いので施術は短時間ですみます。価格は医療機関で施術するより各段に安く、キャンペーンや特典を利用すれば、激安で脱毛できるのが魅力です。

 

どちらも原理は一緒ですが、レーザー脱毛は医療行為であり、医師でないと施術は行えません。サロンでは高出力の脱毛器が使用できません。光脱毛は出力が弱いと書きましたが、サロンで使用する以上、強くできないというのが現状です。出力を上げれば効果は上がりますが、火傷の危険を伴います。そのため、日本では出力の強い機械を扱えるのは医師のみとされているのです。