脱毛ってどれくらいの期間通うの?

脱毛期間について

 

脱毛の方法って色々あるけど、サロンに通った場合どれくらいの期間通うのでしょうか?気になるところですよね。

 

脱毛コースの代表格ともいえるワキコースでは、基本的に1年程度の期間内で6回から8回くらいの施術を受けるケースが多いそうです。フラッシュ脱毛の性質上、一回施術しただけで体毛が目立って生えにくくなるわけではありません。3回ほど施術をした段階で、スルスルと抜けていく様子が見られたという利用者が多いようです。

 

体毛は、成長しているものが全て肌から見えているということはありません。皮膚の下には、これから体毛として形成されていく毛乳頭があり、全体の約7割は皮膚の下にあると言われています。毛の生えてくるスピードにマッチした施術のタイミングを計ることになりますので、次の予約までのスパンが2ヶ月程度空くのが通常のようです。

 

ほとんどの脱毛サロンで無料のカウンセリングをしています。その際に肌の質や体毛の濃さ、量などをエステティシャンが把握して、施術を受けるタイミングを決めます。サロンによっては、できるだけ肌の健康を保つために脱毛完了まで3年近く余裕を見てプランニングすることもあります。アレルギー体質の方、皮膚に炎症のある方は、医学的な観点からプランニングができるクリニック脱毛のほうがベターでしょう。

 

キャンペーンなどをしている最中に予約が取りづらい時や、予約日前に急に月経が来てしまいキャンセルせざるを得なくなることもあります。そうした場合の契約保証はどの程度されるのかきちんとチェックして、納得してから本契約に進むようにしましょう。

脱毛完了までの期間

脱毛に関する広告などでは、「5回でツルツル!」などの広告文を目にしますが、実際はどうなのでしょうか?
実は、この回数の目安は、体毛が普通の量、体毛の質も通常の場合の一般的な回数となっており、2か月から3か月をスパンとして施術を行うようです。したがって、期間としては1年前後を目安に計画を立てる形になります。

 

日本人女性の平均的な体毛量や体毛の質を目安にしていますから、実際には医師に問診を受けて、必要な期間を算出するのがスタンダードになっています。さらに、脱毛では毛が成長するスピードや、部位による体毛や肌の質を鑑みてプランニングを行いますので、施術をした後の経過観察も重要なファクターになってきます。毛の生えてくるサイクルは人によって異なるからです。

 

レーザーもメラニン色素に吸収されやすい光を利用していますので、色が濃く、太い体毛ほど効果が実感しやすいと言われています。利用者の多いワキなどの部位は、その体毛の性質上、脱毛マシンと相性が良く、完了までの期間が短く済んでしまうことも珍しくありません。

 

これとは反対に、無性毛(柔らかく色の薄い産毛にあたる体毛)の場合、レーザーを吸収しにくく、予定よりも多くの回数を通う必要もあるということです。また、このような場合、出力の調整が困難になってきますので、肌への負担が通常の脱毛よりも大きくなってしまう側面もあるそうです。脱毛後にトラブルが起きないよう、しっかりと相談してから始めるようにしましょう。