毛周期について

毛周期について

 

脱毛を行うにあたって、押さえておかなければならないのが毛周期です。

 

今、目に見えている毛は実際の3分の1と言われています。皮膚の中にあって見えていない毛は脱毛することができないので、成長するのを待って施術を行う必要があります。
ですので、脱毛は1、2回では終わりません。より効果のある脱毛をするために、毛周期について学んでいきましょう。

 

毛周期は次の3つの時期があります。
毛母細胞が分裂し、新しい毛球が作られ、毛の成長が始まります。皮下組織に着床した毛母細胞は毛乳頭を作り、どんどん栄養を取り込みます。これが「成長期」で、この時期の毛は長く太く伸び続けます。

 

毛母細胞の分裂がピークを過ぎると、分裂はだんだん衰えて成長が止まります。すると、徐々に毛根が押し上げられ毛乳頭から離れます。これが「退行期」で、毛球は小さくなり細長く伸びます。

 

やがて、毛乳頭と完全に分かれた毛は抜け落ち、「休止期」に入ります。残された毛乳頭は休止し、次の成長期を待つのです。

 

レーザー脱毛や光脱毛は、メラニン色素に反応して脱毛するので、毛が黒く太い、成長期の真ん中に脱毛をするのがベストと言えます。
休止期に脱毛することができないのも理解できますね。

 

しかし、毛周期は個人差があり、部位によってもまちまちですが、目安としては、ワキで成長期が3〜5ヶ月、休止期が3〜5ヶ月とされています。
脱毛サロンでの脱毛サイクルが数ヶ月ごとに設定されているのは、この毛周期のためなのです。

 

 

← 毛の働きについて

毛とホルモンについて →